給湯器に掛かる費用を節約するために身近にできる対策

水をお湯として使える給湯器は、ホットドリンクやインスタント食品の使用から食器の洗浄に至るまで様々な使い方ができます。とはいえ、季節や日常での使い方次第で光熱費が高くなってしまうため、この点について頭を悩ませる人も少なくありません。

そこで、今回は給湯器の費用を少しでも抑えるポイントについて解説していきます。《参考情報 > 給湯器設置費用

電源の切り替えをこまめに行う

給湯器に掛かる費用を節約する上で、まず基本となるのがこまめな電源の切り替えです。給湯器に限った話ではありませんが、自宅で使用する電化製品の多くは電源を入れた時点で電力が発生する仕組みになっています。これは待機電力と呼ばれるもので、例え使用していなくても電源がオンの状態であれば電気代が加算されていくので注意が必要です。

中には電気代が掛かると言っても微々たるものだから気にしないと思った人もいるかもしれません。利用状況によって若干の違いはありますが、給湯器による待機電力の年間費用は通常で平均1,500円前後、省エネ機能を搭載している商品であっても1,000円前後は掛かると言われています。

意外にかかりますよね。そのため、少しでも費用を抑えたいと考えるのであれば、使用する時以外は電源をオフにして待機電力を発生させないことが大切です。

お風呂を沸かし直す追い炊き機能を控える

時代の移り変わりの中で給湯器は様々な形へと進化を遂げ、より生活を快適にしてくれる機能を搭載した商品が開発されています。そんな数多くある給湯器の便利な機能の一つが追い焚きです。こちらは文字通り、時間の経過と共に温度が下がってしまった浴槽のお湯を再び沸かして温かい状態にする機能になります。

近年では新築物件の多くが標準装備となっているのはもちろん、その利便性の高さから自身で一から設計する注文住宅を建てる場合に取り入れる人も少なくありません。しかし、この便利な追い焚き機能には意外な落とし穴があり、それが光熱費の使用量です。

当然のことながらお湯を沸かすためにはガスや電気を必要とするため、繰り返し使用することで光熱費は上がっていきます。1日の使用回数を1回に留めている家と数回使用している家で年間の光熱費に5,000円前後の違いが出たというデータもあるほどです。

節約するにはお湯が冷めないように間隔を空けずに次々に入浴する、風呂蓋をしっかりと閉めてできる限り外気に触れないようにするなどの対策で追い焚きの回数を減らすことがポイントです。

用途に合わせた温度調節

生活をより便利なものにしてくれる給湯器の機能の中で、意外に見落としがちになるのが温度調節機能です。一口にお湯の使用と言っても、入浴から食器の洗浄に至るまで用途によって適正温度は異なります。中にはこの調節を面倒臭がって全て同じ温度で使用している人も少なくありません。

一見すると数℃程度なら対した違いはなさそうな印象を受けますが、利用する頻度によっては設定温度を1℃下げるだけで月に数百円変わることもあります。例え、一ヵ月辺り数百円でも年間では1,000円以上出費がかさむのですから、節約をする上では見逃せないポイントでしょう。

近年の給湯器の多くがスイッチ一つで簡単に設定温度を変えられる仕組みとなっています。そのため、面倒臭がらずにこまめに調節をすることが大切です。一般的にお風呂の場合は40℃前後、食器の洗浄は32℃程度で問題ありません。

それぞれの給湯器の特徴を把握する

一口に給湯器と言ってもいくつかの種類があります。商品ごとにメリットもあればデメリットになる部分もありますから、少しでも費用を節約するためにもそれぞれの特徴をよく理解した上で自分に合ったものを選択することが大切です。

初期費用を抑えたい人向けのガス給湯器

いくつかある給湯器の種類の中でも、古くから使用されているのがガス給湯器です。文字通りガスの力を利用してお湯を沸かすこちらの給湯器は、手頃な価格で本体が購入できる上に取り付けの工事費用も安く済ませられるのがメリットになります。

ただし、使用するガスに掛かる費用は契約するガス会社によって大きく異なるので注意が必要です。そのため、ガス給湯器を使用する場合は毎月のガス代を見極めることが節約に繋がります。

大幅な節約に繋がる灯油給湯器

続いて紹介するのが灯油給湯器です。灯油は数あるエネルギーの中でも価格が安く、給湯器に使用をすることで大幅な光熱費の節約が期待できます。ただし、ストーブと同様に定期的に給油をしなければいけないため、若干の手間が掛かってしまうのは否めません。

また、購入した灯油を貯蔵しておくタンクを置くためのスペースの確保も必要です。自宅のスペースの関係で安全な場所に保管しておくことが困難な場合は、他の選択肢を考える必要があります。

利用が一定の人に最適な電気給湯器

一般的に給湯器というとガスや灯油のような可燃性の物がイメージされがちですが、新しい方法として注目されているのが電気給湯器です。この給湯器はその名の通り、電気の力を利用してお湯を沸かす仕組みになります。電気ポットを初め、電力による沸騰は可燃性に比べて大きなエネルギーを必要とすることから、一見すると省エネに繋がらないのではと考えた人もいるでしょう。

電気給湯器は、1日の中で電気料金が安くなる深夜の時間帯にお湯を沸かして専用のタンクに貯蔵する形になるので費用を抑えることができます。ただし、お湯は貯蔵した分しか使用できないので注意が必要です。タンクによって若干の違いはあるとはいえ、容量自体はそれほど多くはないため、単身生活や家族が少ない人向けと言えます。

節約を長期的な視野で考える場合に適している省エネ給湯器

数ある給湯器の種類の中でも、手間と効果の両面にメリットを持つ商品が省エネ給湯器です。これは商品名からもわかるように、省エネを目的とした給湯器になります。使い方や商品による細かい違いはありますが、ガスの給湯器と比べて最大で毎月20%前後の光熱費の節約ができると言われています。

その上、灯油給湯器のような補充の手間や電気給湯器のような使用の制限などもありません。このように、メリットになる部分がたくさんある反面、少なからずデメリットもあります。その一つが本体価格で、省エネ給湯器はその機能性から通常の物に比べて高めに設定されているのが特徴です。

そのため、事前にこの点についてしっかりと検討しなくてはいけません。しかし、価格以上の利益が得られることを考えれば十分購入に値すると言えます。